PCMAXで知り合った人妻の性癖が凄かった

私は宮城県に住む30代男性、営業マンです。

 

そんな私には今でも忘れられない出会いがあります。

 

出会いのきっかけは出会い系サイトPCMAXを利用しての出会いでした。

 

そこで出会ったのが30代前半の人妻、彼女の書き込みに惹かれて返事を出したのが彼女とのやりとりの始まりでした。

 

彼女の書き込みの内容とは「夫と家庭内別居状態が3年くらい続いています、もちろん夜の営みもなく正直エッチはかなりご無沙汰で欲求不満気味です、いけないことかもしれませんが、お互いのことを詳しく詮索しないで性の捌け口に私の体を使ってくれる男性を募集しています」という内容だったと思います。

 

正直驚きました、「性の捌け口」という生々しい言葉に興奮したことを覚えています。

 

サイト内で何回かやりとりをして、実際にデートの約束を取り付けました。

 

彼女と初めて会ったのが、彼女の夫が出張で留守にしている時、彼女の家に招待されたのが初めての出会いでした。

 

彼女の家は少し田舎で周囲には目立った家もなく、誰かが訪れても近所の方には分からないので密会するにはとても良い条件でした。

 

彼女は少し華奢ですが、整った顔立ちでかなりの美人、黒髪のロングヘアーで大和撫子という言葉が似合うような清楚な人妻、そんな人妻がまさかこんな出会い系サイトで書き込みをするとは想像できませんでした。

 

彼女の家に着くと、彼女が作った様々な料理で出迎えてくれました。一緒に食事をして、二人でお酒を楽しむ、お互いお酒で気持ちが良くなってきて、そのまま自然の流れで彼女と一緒にバスルームに移動することになりました。

 

最初からセックス目的だったので、流れ的には予想していましたが、いざ彼女と抱き合うことになるということをバスルームで想像していると、下半身がギンギンに、その様子に彼女が気がついたのか体を洗う前にバスルームでいきなり即フェラ、彼女の舌技はほど良い気持ち良さで、激しいフェラというより、優しいフェラという感じでピンポイントで責めてくる舌に思わずイキそうになるほどでした。

 

その後ベットルームに移動してセックスタイム、エッチも3年位していなかったというだけあって、彼女の体はかなり敏感に、軽く胸と下半身を愛撫しただけで下半身がビショビショに、そんな彼女の希望は、バックから獣のように交尾してほしいとのこと、リクエストにこたえてバックから激しく彼女の肉体を感じるようにガンガン腰を動かしていました。

 

彼女は根っからのMらしく、喘ぎ声も大胆、しかも何か妄想していたのか彼女の口からは「犯されるー」と何度も何度も繰り返していました。

 

今でも、彼女との関係は続いています。月に一度くらいしか会えませんが、会う夜は朝まで楽しんでいます。